こばんばこ読んだ本とか漫画とか

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
どれだけ読んでる? 集英社文庫ナツイチ 2007 12:08
集英社文庫のナツイチのページも消えてしまっていて、うちにある小冊子を見ながら並べました。入力ミスがあるかも。
角川文庫も集英社文庫もキャンペーン期間が終了すると、100冊のページは消しちゃうんだねぇ。新潮文庫みたいに、webサイトにこれまでのリストを残してくれていると、その時代の流行りとかわかって楽しいのに…と思いました。

で、集英社文庫2007年のナツイチ(夏の一冊)は、102冊、95タイトルが選ばれていました。私の既読は33冊、30タイトル。何とか3割。
実は、はちさんストラップ欲しさに今年買って読んだのが3冊、2タイトルあります。

既読=○ 途中までや読んだかどうか記憶が曖昧なものは△ 未読は無印
タイトルで判断。他の出版社の本を読んだので可。
短編集は、表題作を読んでいるか否かで判断。

【冒険・ロマン】
 「水滸伝(1)」北方謙三
 「水滸伝(2)」北方謙三
 「闇の花道」浅田次郎
 「天切り松読本」浅田次郎監修
 「アド・バード」椎名誠
 「岳物語」椎名誠
 「落ちこぼれてエベレスト」野口健
○「サウンドトラック(上)」古川日出男
○「サウンドトラック(下)」古川日出男
○「となり町戦争」三崎亜記
 「神々の山嶺(上)夢枕獏
 「神々の山嶺(下)夢枕獏

【青春・恋愛】
 「エンジェル」石田衣良
 「スローグッバイ」石田衣良
 「1ポンドの悲しみ」石田衣良
 「実戦!恋愛倶楽部」一条ゆかり
○「なつのひかり」江國香織
○「東京物語」奥田秀朗
○「ネバーランド」恩田陸
 「ららのいた夏」川上健一
 「みどりの月」角田光代
 「蛇にピアス」金原ひとみ
 「お縫い子テルミー」栗田有起
 「瑠璃の海」小池真理子
 「恋する四字熟語」佐藤真由美
 「プリズムの夏」関口尚
 「ジャージの二人」長嶋有
○「小春日和」野中柊
 「死ぬほど好き」林真理子
○「MOMENT」本多孝好
○「ショートソング」枡野浩一
 「スポーツドクター」松樹剛史
 「いちご同盟」三田誠広
 「永遠の放課後」三田誠広
 「夏雲あがれ(上)」宮本昌孝
 「夏雲あがれ(下)」宮本昌孝
 「テニスボーイの憂鬱(上)」村上龍
 「テニスボーイの憂鬱(下)」村上龍
○「永遠の出口」森絵都
 「シュガーレス・ラヴ」山本文緒
 「キスまでの距離」村山由佳
 「聞きたい言葉」村山由佳
 「青のフェルマータ」村山由佳
 「海を抱く BAD KIDS」村山由佳
○「天使の卵」村山由佳
 「きみのためにできること」村山由佳
 「愛しても届かない」唯川恵
 「肩ごしの恋人」唯川恵
 「今夜誰のとなりで眠る」唯川恵
 「笑う招き猫」山本幸久
 「喜びの涙をあなたと」サンドラ・ブラウン
 「天然コケッコー」下川香苗 原作くらもちふさこ

【爽快・ユーモア】
○「オロロ畑でつかまえて」荻原浩
○「なかよし小鳩組」荻原浩
○「もものかんずめ」さくらももこ
 「さくら日和」さくらももこ
 「ワセダ三畳青春記」高野秀行
 「ハナシがちがう!」田中啓文
○「あの頃ぼくらはアホでした」東野圭吾
 「怪笑小説」東野圭吾
 「ひとりの女」群ようこ

【ミステリー・ホラー】
 「その女の名は魔女」赤川次郎
 「風が吹いたら桶屋が儲かる」井上夢人
 「悪人海岸探偵局」大沢在昌
○「夏と花火と私の死体」乙一
○「暗黒童話」乙一
○「ZOO (1)」乙一
○「ZOO (2)」乙一
○「光の帝国」恩田陸
○「レインレイン・ボウ」加納朋子
○「孔雀協奏曲」北森鴻
○「ボーダーライン」真保裕一
 「こどもの一生」中島らも
○「幻夜」東野圭吾
○「地下街の雨」宮部みゆき
 「第三の時効」横山秀夫
○「呪われた町(上)」スティーヴン・キング
○「呪われた町(下)」スティーヴン・キング

【感動・発見・リラックス】
 「鉄道員」浅田次郎
 「コンビニ・ララバイ」池永陽
 「のほほん絵日記」さくらももこ
 「行動することが生きることである」宇野千代
 「日のあたる白い壁」江國香織
 「がんばらない」鎌田実
 「おむすびの祈り」佐藤初女
 「十八歳」谷川俊太郎 沢野ひとし
 「谷川俊太郎詩選集 1」谷川俊太郎
 「こちら救急センター」浜辺祐一
 「救命センターからの手紙」浜辺祐一
 「すべての命が愛おしい」柳澤桂子

【古典・スタンダード】
○「こころ」夏目漱石
○「銀河鉄道の夜」宮沢賢治
○「友情・初恋」武者小路実篤
○「人間失格」太宰治
 「河童」芥川龍之介
○「坊っちゃん」夏目漱石
 「青い麦」コレット
 「九つの物語」サリンジャー
○「星の王子さま」サンテグジュペリ
 「車輪の下」ヘルマン・ヘッセ
 「長距離走者の孤独」アラン・シリトー
 「私を変えたこの一冊」集英社文庫編集部編

33/102(冊数)
30/95(タイトル数)

ちなみに今年読んだのは、「ショートソング」と「サウンドトラック」
なかなか良かったです。特に「ショートソング」はお気に入り。
そして「ワセダ三畳青春記」は、買ったものの積まれたままになっています。読まなきゃ。
| - | comments(4) | trackbacks(1) | posted by 小葉 - -
スポンサーサイト 12:08
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








小葉さんに便乗して、私も遊ばせていただきました♪
自分の弱点というか、あえて読まずに放置してきた部分が
露呈したように思います。
読まねば読まねば!
来年、どんだけ既読数を増やせるのかが、楽しみです。
って、ナインナップが入れ替わってますか(滝汗)。

ちなみに、娘さんたちはいかがでした?
posted by 七生子 | 2007/11/16 3:16 PM |
>七生子さん
この集英社文庫で、私はミステリー読みだったんだと認識しました。
娘たちは、私の既読の5〜6割といったところのようです。
posted by 小葉 | 2007/11/19 8:05 PM |
はちさんストラップは,4,5個あるんだけど
何でもらったのか,もう忘れちゃった・・・。
「笑う招き猫」と「ワセダ・・」と・・何買ったんだろう。
しかし,小葉ちゃんとは,微妙に既読がずれているです
(^^;
posted by なつめ | 2007/11/24 9:55 PM |
>なつめちゃん
はちさんストラップは、どこにやっただろう?
娘たちが持っているのかな?
考えてみると別に欲しくなかったかも…と、後になって思います。
角川のブックカバーももらったものの使ってない。
posted by 小葉 | 2007/11/28 4:00 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kobanba.jugem.jp/trackback/93
そして、これで最後の集英社のナツイチ。どんだけ読んでるのか、チェック!!! こちらもこんばんこの小葉さんのエントリを参考にさせていただきました。 しっかし。毎年のように必ず、夏のフェアのプレゼント目当てに文庫本を 各出版社ごとに数冊買っているけど、
| どこまで行ったらお茶の時間 | 2007/11/16 2:56 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>